生命保険の取得は一部非課税になるのか

相続の税金関係は今年に入ってから大きく変わりました。昨年までは、

5000万円がまずベースにあり、そのほかに相続人一人について1000万円

が非課税になるという仕組みでした。ですから相続人が、妻と子供二人

であれば、8000万円までが非課税でした。今年からはベースが3000万円

で相続人一人については600万円となったので、その例では4800万円しか

非課税限度額になりません。

この基本的なこととは別に、被相続人が生命保険に入っており、死亡によっ

て保険金が下りる場合は、相続人一人について500万円までは非課税になる

という制度があります。生命保険が下りるときに、保険料を払っていた人と

被相続人が同じであるかどうかとか、受け取る人が相続資格があるかどうか

の確認や、年金で受け取る場合では税の仕組みに違いがあるとかの問題もあ

りますが、基本的なところは、前述の通りです。

そこで、生命保険についてですが、若くて家庭の筆頭の働き手であるときは、

沢山の保険を掛ける必要があるわけですが、年をとり、子供たちもそれぞれ自

立して、自分が稼ぎ手としての頼られ度が少なくなってきた場合は、若いとき

のようにたくさんの保険を掛け、保険料をたくさん払うことを見直すことをお

すすめします。

生命保険で受け取るお金も税金の対象ということも踏まえて、マネープランを

見直すのが賢明だからです。